正解だらけのクルマ探し その1

クルマ関係の有名な本の中に、“間違いだらけのクルマ探し”というのがあります。色々と最新のクルマについて意見が書かれているそうです(私はちょろっとしか読んだことないのですが…)。

確かにこれだけ自動車メーカーがあれば、間違いもあるかもしれません。何をもって間違いかは人それぞれですけどね。
比較する部分は人によって全部異なるので一概には言えませんが、自分にとってはクルマ選びは全て正解なんじゃ?…という謎の発想から、私の正解だらけのクルマ探しが幕を開けました。笑

やっぱりクルマは楽しいものだし、本当全部正解に見えてしまいます(^^;)
205の後継機探しの旅、始まります…!


■FIAT NEW PANDA ALESSI

まずはFIAT NEW PANDAから。
キッチンウェアやテーブルウェアで有名なALESSI(アレッシィ)とコラボしたモデルです。オレンジに白色ラインがオシャレな1台。誰かと同じになる可能性がかなり低い1台でしょう。笑
パッと見レッサーパンダに見えなくもないような…(^^;)

1

■VolksWargen POLO

VolksWargenの誇る一般大衆車、POLO。
走りが堅実なことに加えて、広い居住空間に荷室。シートもしっかりと包み込んでくれる感じで、長距離移動は疲れ無さそう。

そして何より、同クラスの国産車と比べると内装の質が一段上に感じます。車格もちょうど良いサイズで、取り回しはGOLFより良さそうな印象。

2

■VolksWargen GOLF

同じくVWのGOLF。少々前のモデルです。
POLOと比べると全体的な作りの古さを感じることはありますが、実用レベルで見ればとても完成度が高く日本車のように安心して乗れる1台。
内装も黒で統一され、ダッシュボードは合皮で巻かれていました。

3

■Peugeot 307cc

続いてフランス車、Peugeot307cc。
一度は屋根が開くクルマに…という憧れから車格、4人乗れる…もろもろの諸条件を叶えてくれそうな1台が307ccでした。
色も好きな赤色。2シリーズに乗っていた自分からしたら大きく感じるかな?と思いましたが、案外そうでもなかったです。デザインも好きな1台。

4

■Citroën C3

続いてはCitroën C3。これは別の意味で開放感があるということだったので見てみました。写真は撮り忘れてしまったのですが、天井まで続くゼニスフロントウインドウが運転席に座っているときにすごい開放感があります(詳しくはC3 ゼニスウインドウで…笑)。

普通のクルマはフロントガラスは天井で終わりますが、これはそれがさらに延長されています。自分の頭の位置までガラスがあり、それがもたらす解放感は素晴らしい!の一言。

サンルーフも開放感があるのですが、実際運転していると運転者はそこまで解放感を感じないものですが、これは違いました。

5

■Alfa Romeo 147

キビキビ走れる楽しいコンパクトカー…と言うことで、アルファロメオの147。今じゃ中古価格も落ちていて、それなりに数も出回っています。
独特なフロントフェイスに、伝統のツインスパークのエンジン。官能的であると称されるエンジン音も聴かせてもらいましたが、多くの人を魅了する理由が少しだけですが分かりました。これ乗ったら思わずいつもより多くアクセルを踏んでしまいそうだ。
フワッとタコメーターも気持ち良く上昇し、それに合わせて合わせて軽やかに回るエンジン音がそう思わせるんでしょうね。このクルマの代名詞とも言われる“セレスピード”も面白そうです。

ただしセレスピードの故障について心配も。。まぁ205に乗っていた自分としてはあまり不安に感じていないかも…?(^^;)

6

■FIAT NEW PANDA ALESSI

再びNEW PANDA。こちらはALESSIの色違い仕様で黒色と白色です。
内装も外装に合わせるのかと思い気や…何とグリーン!芝生みたいな蛍光グリーン。でも目がチカチカするわけじゃないです。
冒頭に出てきたオレンジパンダがレッサーパンダなら、こちらは正真正銘のパンダと言ったところでしょうかね。

7

■FIAT 500C

生まれ変わったチンクエチェントこと、フィアット500。今回見たのはその中でもキャンバストップ仕様の500C。
4車種の中で一番コンパクトですが、キャンバストップが開くので開放感で言えばおそらくトップでしょう。内装がポップで、NEW PANDAにもあった遊び心がさらに盛り込まれていました。

さり気なくオープンになる点も気に入った点の一つです。

8

■Peugeot 205CTI

たまたま覗いたお店のメイン展示場に、懐かしい205の姿がありました。今ではかなり希少なCTI、カブリオレ。ちなみに今回見学した中で一番高かった。笑
しかし改めて見ても惚れ惚れするデザイン。この205は大切に乗られてきたらしく、シート・内装・外装どれも状態が良かったです。

ツインスパークエンジンに負けない、図太いエンジン音…もう一度聞きたいなぁ。

9

ドイツ、イタリア、フランス…ざっと気になる車両を色々と見させていただきました。
会社のお昼休み、家に帰ってから…と四六時中クルマのサイトを眺めていた中で、気になったクルマをピックアップしていった結果です。
サイトを一度見だすと、あれもこれも…と止まらないんですよね。改めてクルマ選びは楽しいなって再認識しました。

見れば見るほど、どれも良く思てしまう。。これじゃ中々決まらない…(^^;

様々な諸条件を元に、最初に感じたフィーリングなどを踏まえ決めていきます。
これからずっと乗り続けていく相棒は、果たしてどれに…?

つづく

3件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    SomeDayさん こんばんは
    車選びっていつでもワクワクするものですね。
    私は国産しか乗ったことがありませんが、プジョーのフロントからルーフに続く
    ラインが大好きです。(笑) でも、ゼニスフロントウインドウですか?
    あれを見ると少し食指が動きますね(^^;) 夕日が超眩しそうだけど・・・

    PS.くまモンのミニ四駆凄いですね!
      私の知ってるミニ四駆とは構造が全く違ってて
      時代の流れを感じます。 私もAmazonでポチッ(笑)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    SomeDayさん こんばんは
    車選びっていつでもワクワクするものですね。
    私は国産しか乗ったことがありませんが、プジョーのフロントからルーフに続く
    ラインが大好きです。(笑) でも、ゼニスフロントウインドウですか?
    あれを見ると少し食指が動きますね(^^;) 夕日が超眩しそうだけど・・・

    くまモンのミニ四駆凄いですね!
    私の知ってるミニ四駆とは構造が全く違ってて
    時代の流れを感じます。 私もAmazonでポチッ(笑)

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    フォトグラファー猿さん

    こんばんわ。
    クルマ選びは本当にワクワクします。見ているうちにあれもこれも…となってしまうので、中々的が絞れず少々大変でした(^^;
    プジョーだったりフランス車独特なボディデザインは私も大好きです^^

    ゼニスフロントウインドウ、写真を撮り忘れてしまったのですが、ルームミラーが浮かんでいるように見えるのが面白いです。
    しかも、夕日対策として日よけのルーフを手動で前後できるので、眩しくないらしいです。…夏の暑さはちょっとわかりませんが…笑

    ミニ四駆は当時と全く違っていて驚きの連続でした。今は2軸モーターが主流何だとしみじみ思いながらの組立てとなりました。
    一度やってみると結構面白いので…ぜひ!笑

フォトグラファー猿 へ返信する コメントをキャンセル