【FIAT500C】ドライブレコーダー GARMIN DASHCAM 46Z 取り付け(フロント)

昨年日本を震撼させた煽り運転。その影響でドライブレコーダーが爆発的に売れましたね。
私も欲しいな~と思っていたのですが、中々品薄が続いたりで入手できなかったのですが、新年の売り尽くしセールでようやく入手することができたので、今回取り付けてみました。

購入したのは、こちらのドライブレコーダー。

・GARMIN DASHCAM46Z

P1120656.jpg


新年のセールで先着3名様のレースに勝ち抜いて購入しました。
目の前の親子連れが2個買うって言ってたので、かなり焦りましたが…。1人1個までなのにいいのかよ?と思っていたら、後で家族が合流。チート戦法に翻弄されながらも、何とか購入成功。



では、早速開封。

左側にスマートフォン(GALAXY A30)を並べてみました。
かなりコンパクトです。ちなみに前後セットのため、リア用も着いています。前後はBluetoothdeで接続します。

P1120661.jpg


早速取り付けです。
ミラーの後ろ側に取り付けます。目立たない位置に取り付けるので、ここにします。

P2150708.jpg
P2150709.jpg


マウントベースを先にフロントガラスに取り付け、その後に本体を取り付けていきます。

P2150711.jpg


続いて、フロントカメラへ続く配線をAピラーの後ろに取り付けるため、まずはAピラーを外す必要があります。ウェザーストリップを外して

P2150716.jpg


クリップ外しを使って一気に外します。折れそうな気がしますが、気にせず一気にバカっと外します。

P2150717.jpg


バキィ!
すんごい音がしましたが、どこも折れずにピラーが取れました。結構怖かった(^^;

P2150718.jpg


一部分が破損していましたが、おそらくこれは元々ヒビが入っていたように感じます。
走っているときにカタカタ音がしていたので、この辺が原因かな、と。

P2150719.jpg


Aピラーにはツイーターがあるため、カプラーを外して取り外しました。
エアバッグの配線もあるため、今回はこの配線にまとめます。


インストの裏側を通して配線を下まで通します。
ボンネットオープナーの近くに出てきました(これが結構苦戦しました)。

P2150725.jpg


ある程度通したところで、配線をタイラップで結束しました。

P2150728.jpg


天井のところはウレタンテープを巻いて、配線が出て来ないように厚みを持たせます。

P2150732.jpg
P2150714.jpg


それから走行中カタカタと異音が左Aピラーからしていたので、ウレタンクッションを取り付けました。これで少しは異音が防止できるかな?と気休めの対策。

P2150738.jpg


反対側にも取り付けました。
やっぱりもう一度外すのはちょっと億劫なので、ガチガチに仕上げました(^^;

P2150737.jpg


外から見るとこんな具合になりました。
クルマへのいたずら防止の抑止力にもなりそうな、程よいサイズ感です。運転席からはドライブレコーダーがルームミラーに隠れるので、全く気になりません。

P4240963.jpg


配線は全てAピラーの内側なので、隠れてます。取り付けもしっかりできたので、特にずれも無さそうです。

P4240964.jpg


天井側も配線を押しこんでいるので、目立ちません。

P4240965.jpg


フロント側はこれにて終了。

最後は配線ですが、これはUSB端子を繋げるだけなので簡単に取り付けできます。
リアとセットになっているのですが、付属の端子を付けてしまうと一つ塞がってしまうのでシガーソケットから電源を引っ張ることにしました。
それは次回へ続くので、まずはフロントのみ仕上がった形になります。

・購入品一覧

つづく

フロント/リア

コメントを残す