【カブ75】リアタイヤパンク

こんばんわ。

福島の原発の電源が復帰しましたね。
この調子で早く現状回復して欲しいです。

特殊な装備を積んだ消防車やポンプ車。
そんな、直接ではないけれど人の役に立つモノを作る技術者に憧れます。

今は全然できることがありませんが、早く何かしら手伝いをしたいと思います。
当分は節電、募金です!

何もしないでいるのは良くないので、お金がかからないメンテをしましたよ。


今回は題名の通りパンクです。

1号機であるカブくんがパンクしていました。
この前大学へ行った帰り道、なんかやたらと路面に吸い付く感じ(タイヤの性能が良くて吸い付く、とは別の意味です)を・・・

調べると、リアがパンクしていました。

その日は近くのガソリンスタンドで空気を入れてだましだまし帰って来ました。

コレがBefore

パンク 1

ペシャンコです(ノД`)・゜・

とりあえず分解です。

まずはブレーキを取り外し、

パンク 2

ボルトを緩めて、

パンク 3

チェーンを外し、

パンク 4

で、忘れてはいけないのがこの部分。
なんかスイングアームと一体化している、名前は分かりませんが旧型の機構です。

パンク 5

外しました!

パンク 6

チューブを取り外すと、

パンク 7

あらら・・・
根元からパカっと(´ ▽`).。

これは買い替えなので新しいチューブを。

ついでにダンパーも掃除です。
ゴム製ですよ

パンク 8

スプロケットの山をチェック!

パンク 9

35丁で、高速セッティングにされております。
まだまだいけるだろう。

と確認して、

直して終了。

後半の作業は父が行ったため写真はありませんorz

なぜかと言うと、実は後半戦はSRXの修理をしたからです。
ついに本腰を入れてやりました。

なんで分担して作業を進めました。

とりあえずパンクが直ってよかったです(*^-^*)

緊急事態用の足を取り戻しました!

おわり

コメントを残す