通勤の足 HONDA DIO

普段大学までの足としてカブで最寄駅まで運んでもらってますが、実はスクーターもたまに使ってます。
それがタイトルにある、ホンダのスクーターであるDIO(AF62)です。

これは親父が所有しているもので、知人より譲り受けて我が家にやってきました。
空冷4ストロークエンジンを搭載したスクーターで、現行で購入できるスクーター(2011年当時)となっています。その中でも初期型?になるんでしょうか、AF62という型式になります。
このDIOは中国生産されているもので、値段も結構安く、大学でもよく使われているのを見ます。我が家にあるDIOはシルバー単色になります。

装備はフロントインナーポケット、前後連動のコンビブレーキもあり、結構充実しています。
加えて、盗難対策のシートオープナーとハンドルロック機能を集約したシャッター付きメインスイッチがあり、カブと比べると快適そのもの。笑

メットインは22L(メーカー公表値)なので、フルフェイスヘルメットが入れ方によっては全て入ります。
入らなくてもメットホルダーがあり、シートに挟んで使用することができます。

今までDIOというと、もう少しとがったデザインを採用していましたが、このモデルからはとんがりが少し取れ、ぷっくりした形になりました。
個人的にはこのDIOの形は好きです。
セルとキックの併用式のため、万が一のバッテリーが弱った際にも安心です。尚、このDIOは下の写真にあるように左側を転倒によりカウルが割れてしまってます。
今後気を付けよう…

主に雨の日や荷物が多い時に活躍することがあります。やはりメットインは便利ですからね…笑

それから寒い日もカブのレッグシールドより防風性能は格段に勝るため、そんなときも活躍してます。
足を揃えれば寒くないのはすごいです。

ちなみに、このDIOは書類チューンによる排気量69ccになっています。

このDIO AF62型のエンジンの特性として、かなり強力なエンジンブレーキがかかります。
停止位置の手前でアクセルをオフにすると、思いの外強いエンジンブレーキがかかるためさらに手前で停止する感じです。仕方なくまたアクセルをオンにするといったことがよくあります。笑

それ以外は総じて乗りやすく、燃費もどんなに回しても30km/lを下回ることはないので、足としては優秀です。
40km/hまですんなり出ますし、街乗りとしては十分な性能を持っています。

基本的には最寄り駅や買い物の足として活躍しているDIOの紹介でした。

おわり

4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    SomeDayさんのお父さんの時代の曲だね♪。
    俺はユーミン時代だから・・・。←ちょっと若さを強調してみました(笑)。

    カブにボディーボードって画になるなぁ♪。
    バブル時代には丘サーファーなるものがいたのですけどね。(^m^ )クスッ

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんはw
    小学校の修学旅行の時、氷川丸に乗って、船酔いしました・・・

    おいwww

    動いてねえよww

    みんなに笑われた(笑)

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    きゅーりパクパクさん

    まさにそんな感じですね~
    荒井から松任谷へ変わる、そんな時代。うちの母は荒井時代のが好きなようです。
    やはりきゅーりさんもユーミン時代ですか!^^

    カブの真横にボードを付けて走っているあんちゃんとかよく見ました。
    何だかカブがイケイケに見えました(笑)
    丘サーファー…見たことがないですね^^;w

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    けんさん

    そ、そーなんですか!
    むしろ横浜出身なんですね?!

    でも停泊船も微妙に揺れていますよね。
    船って弱い人には本当に辛いみたいです…。

    コメント、思わず笑ってしまいました^^w

コメントを残す