愛用のスーツケース

かれこれ相方の実家である四国だったり、昨年は九州にFIATで…といったように、ちょっとした長い旅に出るとなると問題となってくるのがカバンだったりします。
バイクは専用のバッグを使い分けているので問題ありませんが、そう言えば公共機関を使って移動する際のバッグって持ってないなぁ…と感じ、少し前ですが小型のスーツケースを購入しました。一度購入すると結構使う機会が多く、ガンガン使っているので、この機会にご紹介します。

たまたま通りがかったヨドバシカメラに大量のスーツケースがあったので、そこで物色。色も良いし、サイズも良いのを見つけたので注文しました。

到着。

1

中はエアー袋でしっかり保護されてました。最近プチプチよりこういったタイプのが良く見る気がします。

2

さらに不織布の袋でも保護されてました。結構大きめの袋なんで、これから先も使えそうです。デザインもオシャレだし。

3

■A.L.I イケかる ALI-3591

4

ということでお披露目。A.L.Iはアジア・ラゲージ株式会社の略で、Asia Luggage INCの頭文字を取ってます。調べてみると東京に本社があり、製造拠点は中国ですが日本の会社です。

HPを見ていると使いやすい商品の開発を第一に考えているようで、かなり多くの商品が販売・製造されていました。

カラーはグリーンを少々淡くしたような色です。あんまり見ないなーってことでこれにしました。

・外観

5

よーく見るとこのスーツケースは表面がボコボコしてます。傷付き防止のためにサメ肌からヒントを得て、それを表面に加工しています。
スーツケースに傷は付き物ですが、できることならあまり付けたくないですからね。こういった加工は嬉しいです。

・キャスター

四輪独立して方向転換ができます。坂で停車できるロック機構付きも販売されていますが、これは無しです。

6

・トロリーハンドル

このハンドル、トロリーハンドルと言うそうです。知らなかった。。
高さは3段階に調節できます。

7

・ロック機構

TSAロックを採用しています。これでアメリカに行っても壊されずに済みます。

アメリカ入国の際に、X線で透視検査を行いますが、運輸保安庁係官が中身を直接目視検査する場合もありうるため、一切施錠しないことになってます。
でもロックが掛かってなくて、万が一の際にスーツケースが開いてしまったら…と考えるとロックはかけたい。そこで登場したのが、このTSAロックです。

アメリカの保安警備員がマスターキーを持っていて、TSAなら開けられます。好き勝手人の荷物見るし、TSAロックじゃなかったら壊すし…やりたい放題だな…(^^;
私も今年の1月にアメリカ出張だった際に、出国時にどうやら開けられていたようです。荷物の配置が変わっていたので、すぐ分かりました。

まぁとりあえずこれなら大丈夫です。最近のスーツケースには大体標準で装備されてます。

8

ちなみに…スーツケースはチャック式とこういったフレーム式の2種類が存在します。雨の中を使うことも考慮し、さらにもしかしたらバイクに乗せるかも?なんて思っていたので、完全防水してくれそうなフレーム式を選びました。
チャック式のメリットはフレームと比べて軽い点、衝撃を吸収してくれる点だそうです。

意外かもしれませんが、ファスナーの方が「スーツケースが壊れにくい」そうです。
フレーム部分が布であることで、スーツケース自体に「遊び」が出来、衝撃を吸収しやすくなるためだそうです。

ですが、セキュリティー面においては、フレームタイプの方が上となります。
もし中身を開けようとした場合、ファスナー部分の布をカッターで切ってしまえば楽に中にアクセスできますしね。

続いて中身です。

ディバイダ-

スーツケースの中にある仕切りは、ディバイダーと呼ぶそうです。試しに調べてみたらガンダムがたくさんヒットして焦りました(^^;
「ディバイダー スーツケース」で検索すればヒットしました。

そのディバイダーにはメッシュポケットがあります。
左手が小物入れ用として2つ、右手が大きなポケット1つです。ちょっとした小物を入れるのに重宝します。

9

・ハンガー&ホールドベルト

さらに旅先で服を干したい時に重宝する専用ハンガーが一つ付いています。これがあるとスーツを入れる時にも便利なので、助かります。よく旅先でもハンガーが足りないこともあるので、付属で付いていると助かります。

ホールドベルトは左右両方にあります。

10

反対側は特になにもありません。ハンガー側は取手を収納するため凹凸がありましたが、こちら側はしっかり端部まで使えます。

11

実はスーツケースを購入にあたって、バイクの後ろに括り付けることも考えていました。
(以前どこかのSAで自分のバイクのリアシートにスーツケースを積んでいる車両を見たことがあり、移動も楽だし良いのでは?と思ったことがあるのが始まりです)

確かに防水だし、これを下せばすぐ移動できるし…良いことづくめだなぁと。
でもそれが記事になっていないということは…固定方法だったり、配置場所の確保などで中々進んでいないということなんですが…(^^;

なので本来の役目を全うしてくれます。固定する日は来るのでしょうか…笑
以上、スーツケースのご紹介でした。

A.L.I イケかる ALI-3591

おわり

コメントを残す