【PEUGEOT205GTI】フロアカーペット補修

今日は台風が近づいているとのことで、ニトリ行ったりドンキ行ったりしていました。
久々にまったりとした1日でした。

雨が降ったり止んだりしていると、なかなか作業もできないものです。なので、ちょっと前に行ったフロアカーペットの補修を書いていこうと思います。

・フロアカーペット

実はこの車両、かつてロールバーが入っていました。前の人が入れていたんでしょう。
でも車検を受けるにあたっては、5人乗りで登録する関係で取り外しました。

その名残がこれです。
このばっくりと開いてしまったフロアカーペット。

フロアカーペット 1

なので、まずは裁縫道具を出して縫います。
赤色が丁度よくあったので、チクチクと。フロアカーペットは結構厚みがあるので針を通す時に力がいります。あ、もちろん久々にやったので指を何度か刺しました…><

フロアカーペット 2

とりあえず完了。
でもこれではまだ車体のパネルが見え見え…。見栄えも悪いのでもう一工夫します。

フロアカーペット 3

リアシートを跳ね上げます。
下に見えてくるのは車体パネルとフロアカーペット。日本車と違って、リアシートを倒す際には、この下側も跳ね上げてフルフラットにすることができます。

ここからフロアカーペットをめくります。

フロアカーペット 4

ぺロっと。
さて、ここから裏面の補修を開始します。

と書きましたが、そんなに大袈裟なものではなく裏側から赤いフェルトを貼るだけです。

フロアカーペット 5

完成後の写真は後程。

・フロアマット

そして、冒頭の写真で写っていたチラシですが実はあれがフロアマットw
購入したときからフロアマットがなかったのでチラシを敷いていました。

なのでカー用品店で5枚セットで売っていた汎用フロアマットを購入。

フロアマット 1

黒のチェック柄です。
フロアカーペットが赤いので、黒色にしました。

フロアマット 2

ただ問題が一つ。
このマットが右ハンドル車用ってことです。実際に敷いてみましたが、ちょっとアンバランス。

ペダルに引っかかりがないことは確認できているので問題はありませんが、ちょっと^^ゞ
足を休めるところにマットが少し乗っかってしまっています。
とりあえず使ってみて、気になるようならあとで切ります。

フロアマット 3

リア側は問題なし。
先ほど補修したフロアカーペットもうまい具合に隠れています。よく見なきゃ分からないです…よね?笑

フロアマット 4

・オマケ

フロアカーペットを補修していたら発見したCDチェンジャー。
使えるのかな~っと思って中身を確認したら、スッカラカンw

CDチェンジャー

うーん、残念。
中身だけ抜き取ったんですかね。しばらくは純正のオーディオで頑張ります^^

それではこの辺で。

おわり

2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    カーペット補修!、上出来ではないでしょうか♪。
    私ですと、リアシートを取っ払って、カーペットや内貼りも剥がしてしまいます。
    走行時に車内に響く『チャッチャッ・・・』という音が気持ちを高ぶらせてくれます。
    私が免許取立てのときに乗っていたカローラをそんな感じに(汗)。

    あっ、CDチェンジャーじゃないですかっ!?。
    これまたカローラに、このタイプの6連奏タイプを取り付けていたよ!!!。
    なつかしいぃ。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    きゅーさん

    おはようございます^^
    ありがとうございます。小学校以来の縫い物作業、意外とやり始めると熱中していました。カーペットを剥がしたりすればもっときれいになるんでしょうけど、ちょっとそれをやるには躊躇しちゃいました。笑

    クルマも色々とされていたんですね^^
    プジョーにはCDチェンジャーがあったり、カセットレコーダーがあったりと車内は一昔前の空気であふれています笑
    本当は高性能な音楽機器にしようとも思うんですけど、他の箇所にお金がかかるのでしばらく…いやこの先ずっと壊れない限り純正を使い続けようと思っています^^

コメントを残す