【PEUGEOT205GTI】ワイパーとボンネットグリル交換

すっかり秋めいてしまった関東地方。8月上旬のことを書いて、まだ終わっていない夏を思い出そうとするも、今週は始まってからずっと雨、雨、雨…
その集中豪雨による鬼怒川の崩壊…、ちょうど前回書いたツーリングの時に通った場所である鬼怒川付近が被害に遭ったと聞くと他人事では思えません。

1日でも早く、元の姿に戻れることを願っています。


秋雨前線が予定よりも早く来てしまった影響で、今年の夏は8月でピシャッと閉店しちゃったんでしょうかね…悲しすぎる…(ノД`)・゜・。

なので、プジョー205のちょっとしたレストアについて。今回はワイパーとボンネットグリル(正式名称は分かりませんが…)を交換したことを。

■ワイパー交換

まずはリアワイパー。
購入した時からボルトを隠すカバーのプラスチック部分がボロボロでした。日に当たっている為自然劣化が起きてしまうのはどうしても避けられないのですが…どうしても気になる…。

1

純正部品でここだけあれば交換するのですが、実際これだけは無さそう。
と言うことで、去年購入したプジョー205の部品取り車より頂いたワイパーに交換します。部品取り車のワイパーの状態は非常に良く、色褪せもそんなにしていませんでした。

2

気になっていたボルトカバーの部分は劣化もしておらず、きれいな状態を保っています。カバー固定部に錆が見られますが、対して気にならないので軽く削って取り付けます。

3

正直フロントは交換しなくても良かったのですが、色褪せもしていたので一緒に交換しました。リアだけ色が濃くてもバランス悪いですしね。

4

このワイパーブレード、よーく見ると、

PEUGEOT

5

と白文字でロゴが打たれているんです。おそらく純正品でしょう。
今まで着けていたブレードにはその白文字ロゴがなかったので、おそらく途中で交換したのだと思われます。

ボルトを緩めて交換するだけなので、チャチャっと交換終了。

リアワイパーはカバー部分が劣化していないだけで大分マシに見えます。今までは裏側からテープで水が入ってこないようにしていましたが、今度からはその心配もいらなそうです。

7

フロントも交換していますが、特に大きな変化はありません。白いロゴでPEUGEOTと入ったブレードになったくらいですが、色褪せていない黒だと全体が引き締まって見えます。

8

今は屋外駐車場なのできっと色褪せてカバー部分も劣化してくるでしょうけど、そしたらその時考えよう。きっと代用品があるはず。。

■ボンネットグリル交換

ワイパーを交換したついでにボンネットグリルも交換しました。正式名称が分かりませんが、このフロントガラスの下側に付いているここです。ワイパーを外したついでに交換です。

9

何が問題なのかっていうと、このグリルをよーく見てみると、

10

固定しているはずのスクリュー部分から折れてる…(^^;
まぁプラスチック部品だったら折れるのは仕方ないですが、これじゃー一体何を固定しているのか分かりません。笑

それでは今まで意味のない固定をして、片方に負担をかけていたのか!って反対側を見ると、

11

おぉ…辛うじてナットで止まっている程度。しかも固定穴が折れて無くなっているし…

今までよく止まっていました。このグリルはフロントガラス下側のゴム部に挟み込む固定方法なので、特に支障がなかったのだと思います。さらに普段はボンネットの下側にあるので、走行風で飛ばされることもないのです。

そのままでいいのかもしれませんが、せっかく交換品があることですし交換しました。
折れた先があればまだ修復する余地がありましたが、購入時から無いので部品取り車より頂いたグリルと交換です。

12

スクリュー固定の穴もちゃんと存在しています。これこれ、これがあればちゃんと固定できます。

13

フロントガラスのゴム部にグリルを挟み込みつつ、交換します。変に力を入れたらあっという間にバキバキと折れてしまいそうなので、集中してやらないと…。
この時代のプラスチックはまだ劣化に強くないので、少し変な力を加えると簡単に崩壊してしまいます。旧車のプラスチック部品は曲者です。。

挟み込んでからスクリューでしっかりと固定。ちゃんと四隅が固定されて、しばらくは大丈夫でしょう(^^ゞ

14

プラスチック部品の劣化が激しいので、ある意味SRXよりレストアは神経を使っているかも…(^^;

おわり

コメントを残す