【PEUGEOT205GTI】シート補修

今回はプジョーレストア編。
書き溜めているネタはそこそこあるのですが、実はまだ追いついていないので…(^^ゞ

運転する上で大切なシート。
実は納車時から助手席のシートは破れが気になっていました。あまりにもひどいので応急処置をします。

まずは助手席。
ここだけバックリと…。おそらく両脇が盛り上がっている形状なので、乗り降りする際に擦ってしまうのでしょう。そしてその結果がこれなんでしょうね。

ちなみに写真の少し上側に写っているのは毎年新年に買っているカー用品店の福袋のクッション。
今は家の中で活躍しています笑

レザーのシートってどうしても経年劣化で固くなり、ひび割れしてしまいます。
これはまさにその例で、パリパリになってしまっていますorz

シート補修 1

家にあった適当な合皮のシートを覆う形にカット。
少し多めに覆うように切りました。

そして裏面には接着剤。なんでもくっつける強力タイプです。

シート補修 2

上から貼り付けて終了。ちなみに埋める前にクッション材が減っていた個所もあったので、そこに綿を詰め込みました。

四隅は丸くカットして剥がれにくいように。
近くから見たらまる分かりですが、パッと見は分からなくなりました。

シート補修 3

まぁしばらくはこれで様子見です。

しかしこのブログ、パッと見…っていう表現多い気が…笑
結局本人の自己満足だからいいんですかね^^;笑

でもそのうち剥がれてきてしまったら自分でシートカバー作ったりしてみたいなぁと思います。

それでは。

おわり

2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは。

    自分もファミリア時代、針と糸で、シート補修しましたよ!
    白い糸しかなかったんで、あとからマジックで黒く塗るという、アバウト振りで(汗)

    手をかけると愛着が湧きますからね!

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    とらとらさん

    こんばんわ。
    私もひび割れてしまった革のシート部分にはマジックを考えています笑
    近くで見られなければボロいことも分からないだろう!…という安易な考えです(^^ゞ
    後からマジック作戦…小学校の図工の授業でよくやったのを思い出します^^

    やはり自分で修理すると愛着が湧いていいですよね^^

コメントを残す