【SRX250】キャリアからタンデムバーへ変更

長らく装着していたSRX250用のキャリア。
VENTURA製のキャリアキットを装着していましたが、特に積載したりする必要もないので、元のタンデムバーに戻すことにしました。
やはりSRX250には純正のタンデムバーかな?ってとこらへんです。

GIVI箱を載せたり、ミニバイクボックスを載せたりと大活躍だったキャリア。

もちろん純正なんてオークションでも出てこないので、これは大変貴重です。確か購入当時は2か月程納期がかかりました。

少々パイプが太くてSRXの細いデザインとは異なるのが気になるのですが、積載量のことを考えるとこれは必須アイテムです。
シートを外し、カウルを外してボルトを緩めれば着脱が完了します。

カウルに固定するボルトと共締めすれば完成です。
当時付けていたパンク修理キット用の滑り止めのシートが残ったままでした。

これも取り外してスッキリ。
長い間車庫に保管していたので、ピカールで磨いて完成。
やっぱりこちらのがいいですね。80年代のデザインって感じがします。

いざ旅に出るとなると、また戻すかもしれませんが…笑

おわり

コメントを残す