2012年 北海道ツーリング 1日目

帰宅して一段落したので、北海道ツーリングのレポートをまとめて行きたいと思います。
人生で初の北海道だったので、やたらと写真が多いと思われますので、適当に読み流してもらえればな…と思います。

しかし本州暑い…


会社のお盆休みに入って初日の11日に出発です。
行きは高速道路でひたすら青森県の八戸港を目指しますw

まぁこの時期のチケットはプレミアが付くくらい競争率が高いですしね…。
もちろん取れなかったからです。

今回行きのフェリーチケットを取れたのも正直奇跡だと思います^^;

8月11日(土) 神奈川~青森~苫小牧

チケットが取れたのが出発前日の金曜日。
会社の昼休みに諦めて眺めてたら偶然に空きが!

すぐに電話してチケットを取りました。
ちなみに帰りの16日苫小牧東港発のチケットは取れていたのですが、行きがどうしても取れなかったので諦めてキャンセルをした次の日の出来事でしたw

キャンセルの手数料の700円がムダになりましたが、北海道に行けるのならば良しです^^;
帰りの同じ便を再び予約して準備完了。

11日は3:30に起きましたがオリンピックのレスリング?かなにかを見ていたら出発が5:00に…orz
荷物を積めたりで汗びしょびしょになりつつも出発。

首都高→常磐道→東北道→八戸道

といったルートで目指します。
予約した船の時間帯は17:30だったので、ちょいと急ぎ目で向かいます。

-常磐自動車道-

東北道は朝から帰省ラッシュで渋滞しているとのことだったので、常磐道を使います。
狙った通り、常磐道はガラガラ。

母方の田舎が福島なので、慣れている道です。
少々粗いアスファルトの2車線がひたすら続きます。

・日立中央PA

日立中央PA

新たに購入したバッグとサイドバッグ、タンクバッグの重装備で高速を北上します。
こんな細いタイヤでよく運べるなぁ…って自分でも思いましたw

ここでは首都高で見かけたVツインマグナ乗りの方とお話しました。
同じく北海道を目指しているのですが、チケットが取れずキャンセル待ちをするそうです。

お互いに旅の安全を願い、出発します。

-磐越自動車道-

東北道に合流するため今度は磐越道に乗ります。
途中のPAにて。

・三春PA

ちなみに朝少しパラついた程度で、今のところ快晴!
でも東北に入っているので、山間部は少しひんやりするくらいです。

三春PA

-東北自動車道-

東北道に合流する郡山JCTから大渋滞。
帰省ラッシュ恐るべし…。

東北自動車道は断続的な渋滞。
全く動かないのはJCT付近だけで、あとは50km/hくらいで流れています。

ここまで来るとかなりのライダーがいます。
私はリッターバイクのツーリング集団の後ろにこそこそとつけますw

・吾妻PA

茨城は何もない風景ですが、福島に入ってからは海際を走るのでまぁまぁ楽しめます。

バイク用の駐輪場に入りきらないバイクが増えてきました。
ちなみに250ccは…自分くらい。

吾妻PA 1

奥の細道的な石碑もありました。
そういやそんな地なんですね~

もし北海道に行ってなかったら奥の細道ツーリングも候補にありました。

吾妻PA 2

・鶴巣SA

お昼ご飯はコロッケ。
確か地元で有名な牛たんコロッケ。

ホクホクでおいしい^^

鶴巣PA 2

バイクを見ながら食べていると…

鶴巣PA 1

カウルに割れを発見…orz
振動で割れてしまったのでしょうか。

結構程度がいいので残念です。
応急処置としてビニールテープで修正しておきます。

ここからはひたすらに東北道を北上していきます。
仙台付近では若干の渋滞がありましたが、過ぎてしまえばあとは快調そのもの。

スキー場として有名な蔵王なども眺めながら走っていきます。
東北自動車道は初めて走ったのですが、山の中を走る高速ワインディングみたいで結構楽しいです^^

アップダウンもありますが、それほど退屈しないで走れます。
そしてキャノンボウルの方々も増えてきて、テンションも上がってきますw

そして、仙台を過ぎてから緊急事態が…。

走行中…

バァーーー

…プチッ

?!

突如何か切れた音と共に回転数が落ちていきます。
アクセルを回しても回転数はあがらず、加速しません。

音からして…と思いワイヤーを見てみると

アクセルワイヤーの引き側が切れてるorz

どうやらワイヤーが切れた音のようです…。
ちょうど運よく高速の出口だったので惰性で下ります。

降りたICは若柳金成IC。

周りには何もない…
順調に走っていたのですが、このトラブルでもう北海道行きは消えたと思いました。

頭には『さよなら、北海道。また来年…』

そんな言葉が頭の中をエンドレスで巡っていました。

ガソリンスタンドはICを降りてすぐだったので、そこへ非難します。

私『すみません、この辺にバイク屋さんってありますか?』
店員『クルマなら5分くらいのところにあるけど、どうしたんだい?』
私『アクセルワイヤーが切れちゃって…』

と伝えただけでお店を調べてくれました。
そしてちょっとバイクをいじっていたら工具も貸してくれました。

バイク屋さんに電話してみたら見てみないと分からない…とのこと。
でもバイク屋さんには行く手立てもなく、これ以上足止めを食らっていたら北海道には行けなくなってしまうので応急処置をすることに。

幸い、SRX250はアクセルワイヤーが引き側と戻し側の2つがあります。
今回切れてしまった引き側のワイヤーを抜き、戻し側のワイヤーを引き側として利用します。

長さも同じくらいなので、ちょっと伸ばせば修理できそう。
貸して頂いた工具と持参の工具を使って直します。

自分で何度かキャブレターをいじったことがあってよかった…。

フェリー会社に電話しましたが、やはり当たり前ですが待つのは厳しいとのこと。
本当に時間ギリギリに。

戻し側のワイヤーは状態もよく、もう八戸港まですぐの距離だったのでそのまま東北道へ。

減速時に勝手にアクセルが戻らないので、車間距離に注意して進めます。

こっからの休憩は給油のみとなりますので、写真はありませんw
途中雨に降られたので、前沢SAで給油ついでに着替えます。

途中岩手山が目の前に見えてすげーきれいでした。
ゆっくりと写真でも撮りたかった^^;

東北道、最後のSAで給油したかったのですが、大渋滞。
待っていたらフェリーに間に合わなくなりそうな気がしたのでそのまま八戸道に入ります。

-八戸自動車道-

八戸港まであと少しです。
ここからはより山間部を走ります。

ワインディングでアップダウンもきつくなります。
250だと上りがきつくなる…そんなイメージです。

八戸ナンバーのクルマがありえない速度でギャンギャン走っていきますw
途中パトカーに捕まっているクルマがいましたが、それ以外には順調です。

途中リザーブに切り替えてひたすら北上。
こんなとき平均的に30km/ℓ走ってくれるバイクでよかったと心から思います。

八戸ICを降りて八戸フェリーターミナルを目指します。

-八戸フェリーターミナル-

本来ならば1時間以上前に着いて、港を撮る予定だったのですがおじゃん。
写真は入り口で撮ったこれだけです。

八戸フェリーターミナル 1

ここではSRX400乗りの方にお会いしました。
この方もフェリーのキャンセル待ちだそうですが、なかなかうまく行かないようです。

SRXの250初めて見た!
と言ってたのが印象的でした。

手続きを済ませ、移動させてすぐにフェリーへ。
本当にギリギリだったようです^^;

同じく横浜から来たというゴールドウイング乗りのおじさんと談話し、入船。
北海道の苫小牧港に1:30に着くので、今日の疲れを取ります。

トラブルがありましたが、本州を脱出。

八戸フェリーターミナル 2

夕日がきれいでした。
北に行けば行くほど、日没が遅いです。

八戸フェリーターミナル 3

何も調べずに取ったフェリーなので、下船時のことももちろんノープランw
とりあえずスーパー銭湯くらいあるかなぁなんて…。

夕ご飯は自販機にあった炒飯。
こういう時に飲むバヤリースってめちゃくちゃうまい^^

夜ご飯

先ほど一緒になったおじさんと一緒にご飯を。
よく古いバイク乗っているねぇ~とか、最近の若者より渋いねぇなんて話しながら。

そして、鯖缶をおごってくれました^^

ありがとうございます!

最後はおじさんの今日の宿に一緒に泊めようか?と誘って頂きましたが、さすがに深夜にいきなり訪問するのは迷惑なので、お断りしました。

優しすぎる…^^

21:00には消灯とのことなので、大浴場に行き、雑魚寝部屋にて睡眠。
途中寒くてシュラフをかけましたw

ということでトラブルがありましたが、無事に北海道へ行けることになりました^^;
一時期はどうなることかと思いましたが、最後まで安西先生の教えの通り諦めなくてよかったです。

明日はとりあえずバイク屋さんに行ってアクセルワイヤーを直すところから始まります。

走行距離:789km
平均燃費:29.3km/ℓ

つづく

12件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    のっけから大トラブル^^;
    ワイヤ切れたのが高速の出口付近で本当に良かったですね。

    それにしてもそのトラブルをご自分で回復できるとは凄い!
    私ならワイヤ切れた時点で旅を終了させていたかもしれません。。

    そうして行けた北海道、きっと楽しかったでしょうね。
    今後のレポも楽しみにしています♪

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そうかぁ~、八戸からのフェリーだったんですね?応急処置もナイス!な判断ですょ(^。^)

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    高速でアクセルワイヤー切れとか怖すぎです><
    普段からいじってないと応急処置なんてできないですよ。
    とりあえずVTRのワイヤー点検しておきますw

    次回は上陸ですね。ワクワク^^

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    本当にお疲れ様でした!
    トラブルが転倒ではなく安心しました(^^;)
    昨年の北海道で思いましたが、トラブルの数だけ思い出が残ります(笑)
    まぁ僕はワイヤーが切れたらお手上げなのですが(汗)

    僕もチャーハン食べましたよ(爆)
    フェリーのワクワク感はたまりませんよね!

    次回の上陸の記事楽しみにしております!

  5. SECRET: 0
    PASS: 950eee2515cd07f2dbe8a3355c3a1d2c
    おじゃましますです。

    さすがSomedayさん、自走で行ってくれるものと期待してましたよ!!w
    いろいろ紆余曲折あったようですが(トラブルも、ルートも)、ひとまず安心ってトコですね。

    急なトラブルにも、対応できるなんて素敵です。
    自分ならバイク屋に入院させて、ふて腐れるとこです・・・w

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    カウルの割れっ!。この時からだったんだぁ・・・。

    んにしても、アクセルワイヤーが切れてしまうとは・・・。
    応急処置で結構な距離を走ったんじゃない?。

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    まるぼさん

    大トラブルでした…^^;
    高速の出口付近でガソリンスタンドが近くて本当に助かりました。

    今思うとレストア作業をしていて良かったと思いましたw
    おそらくしていなかったら私の旅も完全に終了でした。

    その甲斐あって、北海道は満喫できました♪
    良ければ遊びに来て下さい^^

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    CRC2-44さん

    八戸-苫小牧のフェリーでした。
    おそらく一番微妙な時間に着くフェリーです。

    応急処置…今思うとアイドリングを上げるとかいう手ごろな方法もありましたw

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ひろきちさん

    本当に何かと思いました…。
    注油していたのでいきなり切れるとは思っていもいなかったので…orz

    日常点検は大事だと改めて実感しました。
    点検、してみて下さいw

    北海道編、ゆっくりですが書いてきます^^

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    北塚ユウさん

    ありがとうございます^^
    転倒でしたら本当に廃車コースです(苦笑)

    やっぱりトラブルや辛いことがあったツーリングの方が記憶として残りますよねw
    後で笑い話ですが、当時は必死ですよね^^;

    やっぱりあの自販機の炒飯、何だか格別に美味しいですよね^^
    北塚さんも北海道を楽しんで下さいね!

  11. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ろむじぃさん

    やっぱり自走ですよねw
    …本当はフェリーで優雅なクルージングと言いたいところでしたが、予約が取れないので…。
    でも思ったより辛くなく、結構自走もおススメですよw

    [打消]キャノンボールしている方々がたくさんいて楽しいです[/打消]

    あの当時は必死だったので汗びしょになりながら修理しました^^;
    でも簡単なところじゃなかったら私も腐ってますよw

  12. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    きゅーりパクパクさん

    この時からでした…。
    お会いしたときはビニールテープ補正状態でしたよね^^;

    本当に災難でした。
    もっとしっかり日常点検をしないとって思います。

    距離…結構走ったかもしれないです(汗)

コメントを残す