アメリカ出張記 6

さて、いよいよアメリカの地を旅立つ日がやってきました。
この日は午前中に少し出社して、その後空港に向かいます。帰りはナッシュビルからシカゴへ行き、そこから日本に戻ります。ナッシュビルには日本行の飛行機がないため、一度経由します。

ナッシュビル空港の入り口にて。

1

日本に帰るってことで、増えたお土産やらをかなり詰め込んでいたので重量オーバーするかなー…と若干心配でしたが、何とかクリア。
荷物は経由地のシカゴで拾わなくて平気?と聞いたら、大丈夫とのこと。
…伝わったか不安でしたが、とりあえず預けた荷物はそのままということで楽チン。

2

ナッシュビル空港はミュージックの街なので、そういったポスターもたくさんありました。

3

シカゴまで行く飛行機が到着。これに乗ってシカゴへ。
1時間52分の空旅です。便はNH7411。
NASHVILLE TN → CHICAGO OHARE IL TERMINAL2

4

でかでかと広がるアメリカの大地を上空から。

5

シカゴに近付くにつれて、段々と景色が白くなってきました。北上しているので雪です。ちょうどこの時に寒波が来ていたので、もしかして飛ばない?という不安もありましたが、朝の予報では晴れでした。

6

ナッシュビルの景色から一転、都会の景色になりました。

8

辺りは一面真っ白です。

9

シカゴ空港に無事到着。
心配していた飛行機の発着ですが、予定では問題なく運行するとのことで一安心。看板を頼りに日本行のターミナルを目指します。
乗り替えは1時間半あるので大丈夫かと思っていましたが、お土産を買ったりしていたら結構時間が無くて焦りました…(^^;

帰りはANAだったので、受付カウンターを見れば日本人が…!何だか安心する瞬間です。
受付でもスタッフ同士が日本語を話しているし、まだアメリカですが日本に帰ってきたような気持ちでした。

日本までは13時間15分。便はNH0111。
CHICAGO OHARE IL TERMINAL1 → TOKYO HANEDA INTERNATIONAL TERMINAL

帰りの飛行機、実は奮発してビジネスクラスを使いました。会社で頼んでいた旅行会社が特別料金で紹介してくれたので、それに便乗する形で初ビジネス体験。
最初に搭乗させてもらうのと、専用のCAさんが挨拶に来てくれてめっちゃあたふたしました。笑
やっぱり慣れないことをするもんじゃないですね(^^;

コートを預けてもらえるので、渡して一息。シートは互い違いになっていて、足を伸ばせてかつプライベート空間が保てるようになっていました。

10

専用の荷物置きもあり、とにかく広いです。

11

モニターの前には足を投げ出せるスペースもあり、靴を脱いで足を伸ばすことができます。長時間乗っているとこれはかなり助かります。

12

一通り見まわった後に、ウェルカムドリンクをいただきました。うーん、すごすぎる…。正直終始圧倒されっぱなしです。

13

ヘッドホンもちょっと仕様が良いような。

14

その後は映画を2本観て、ご飯を食べたら眠くなったので就寝。
起きたら目覚めの軽食というのがあって、私は迷うことなく一風堂のラーメンを注文。日本に到着する前にラーメンにありつけるとは。

16

程なくして定刻通りに日本に帰国。
手荷物を受け取って、久々に見るこの日本語表示。帰ってきました…!

17

Welcome to TOKYO 2020
ということで、2年後にはオリンピックが東京で開催されるんだなぁーって改めて実感しました。

18

そんなこんなでアメリカ出張記でした。
異国に3週間という初めての経験でしたが、無事生きて帰ってこれました。たくさんのカルチャーショックもあったり、毎日ハンバーガーを食べていたので肉もしっかり身に着けて帰ってきました(^^;

せっかく体重維持してきているのに、これはマズイ…。。

個人的には日本では中々お目にかかれないマスタングやピックアップトラックといった、アメ車を毎日たくさん見れたことが良かったことかもしれません。自動車大国アメリカについてはそのうちまとめようかなと。

ではこの辺りで。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

おわり

コメントを残す