河津桜ツーリング

北米出張から戻って来てから、最初に出掛けたのは大体毎年のように出掛けている河津町の桜へ。
早咲きとして有名なこの場所、一足早く桜を楽しめ、さらに出店も出てお祭りとなっています。

西湘バイパスを経由して海沿いを走る国道135号線へ。出発が遅かったので、途中にある道の駅で昼食を。
頼んだ“まかない丼”というのは、本日の取れたてのお魚で調理してくれるメニューです。仕上げに卵が乗って美味しい(^^♪

1

もうすぐ開花ということもあって、海側には桜色した足湯もありました。

2

ヨットハーバーを眺めながら足湯に浸かります。ただ今日は先が長いので、少し一休みして先を目指します。

3

伊東から約1時間弱、河津町に到着。ちょうど満開の時期かつ晴天ということもあって、結構な賑わいを見せていました。河津桜の景色と伊豆の踊子号がよく似合います。

4

川沿いに咲き誇る河津桜。毎年見ますが、本当にきれいです。

5

河津桜10円募金のお願いということで、募金箱が設置されていました。
うむ、100円よりハードルが低くて入れやすいかも。金額によるところって結構あると思うんですよね。だから10円って結構良いのかも。

6

温かい風が来る沿岸部は若干葉桜が混じっていました。

7

8

お昼を過ぎて14時過ぎ。大分陽も延びてきました。

9

10

11

伊豆急で再利用されている東急電鉄の車両と桜。

12

またまた踊り子号と。そういや、この車両ってたまに電車で会社に行くときによく見掛けるおはようライナーと同じ車両ですね。
俗に言座って通勤できる車両の一つで、都心まで座って通勤できます。もちろん追加料金が必要ですが、朝から通勤ラッシュで疲れないで済むとなると払う価値があるのかなと。

13

電車を眺め、おやつに桜たい焼きを。中はアンコです。

14

川沿いにずっと続いていきます。山側に行けば行くほど満開になっていきます。

15

おやつその2はキンメコロッケ。

伊豆下田の発祥のB級グルメで、町おこし事業の一環で開発されたそうです。もちろんキンメと付くだけあって、中身は金目鯛(キンメダイ)です。
変な臭みも無くて、サクサクと食べれちゃいます。写真はトッピングのタルタルソースをかけてます。

16

陽も落ちてきたので、撤退します。ちなみに今回はタイミングよく、近くの駐車場が空いていました。
お昼過ぎだから~と思っていたら結構駐車場に困るかもしれないので、早め早めの行動が良さそうです。日曜日だったので、歯医者さんの駐車場を借りているようでした。

17

帰りは天城越えをして帰ります。途中にあった甘夏の無人販売所。100円で5個くらい入っていてかなりお得でした。
結構な山奥ですが、購入する人はいるんだろうか…?

18

だってこんな山道かつ、カーブを抜けた先にあるので…笑
気付いたときには通り過ぎてしまいますよね、私もそうでした。

19

天城越えの七滝ループはまさかの大渋滞…(^^;
断続的…というより、全く進まない渋滞でした。おかげで天城の自然をじっくり眺めることができたらか良かったのですが…。
伊豆は大きな道が一般道のみなので、事故が起きたりするとすぐ大渋滞になってしまいます。
伊豆スカイラインが下田方面までさらに延びればいいのですが。

20

大渋滞に巻き込まれながらも、何とか帰宅。途中渋滞をやり過ごすために夜ご飯を食べたのが良かったようです。
毎年足を運んでいる河津桜ですが、今年は満開の良い時期に行けました。
これがあと1週間程経つと葉桜に変わってしまうので、タイミングが良かったです。

■今日の戦利品

実は初めてでした。道の駅 伊東マリンタウンの道の駅きっぷ。

21

おわり

コメントを残す