【FIAT500C】エアコンホース修理

エンジンルームからシューシュー何かが漏れているような音がする…
と異音が聞こえてきたので、開けてみました。

最初は原因が突き止められなかったですが、どうやらエアクリーナーボックスの下から発生しているようです。
ボックスを外して中を見ていきます。
たどり着きました。写真中央に写っている黒いホースが今回の主役です。

P1120625_2020033016075292b.jpg

表向きは分かりにくいですが、手で触るとガッツリ穴が開いていることを確認しました。

P1120626_2020033016075341d.jpg

指先の部品と干渉していたようです。
純正でこの位置?なんでしょうか。普通に干渉して穴が開いていました…。

P1120630_20200330160755fe0.jpg

空いてしまったものは仕方ないので、まず自己融着テープを使って穴を埋めます。

P1120633_20200330160758200.jpg

これだけだと簡単に穴が再発するので、プラスチックのホースカバーを取り付けます。真ん中で切ってはめ込められるようにします。

P1120634_20200330160759401.jpg

さらにスパイラルチューブも投入します。二重に保護します。
これは100円ショップでも売られている、配線をまとめるカバーです。

P1120632_20200330160756cac.jpg

カバーをビニールテープで固定し、さらに上からスパイラルチューブを被せました。これで大丈夫でしょう。

P1120636_20200330160801edd.jpg

P1120638_20200330160802e66.jpg

せっかくエアクリーナーボックスを外しているので、やれるところはやっていきましょう。
各配線のテープが軒並みボロボロになっているので、ビニールテープを巻き直しました。やっぱり見た目が悪いですしね。。

P1120640_20200330160804264.jpg

ブレーキフルードの配線。

P1120643_20200330160805d14.jpg

新車から10年も経てば劣化しますよね。

P1120647_202003301608072c4.jpg

グルグル巻きにしました。

P1120650_202003301608086fc.jpg

繋ぎ忘れがないか確認して、完了です。

P1120654_202003301608102fb.jpg

シューシュー空気が漏れるような異音も聞こえなくなったので、一件落着です。これだけ頑丈にすればおそらく漏れることはないでしょう。

…しかし、純正であの位置でリコールとか出なかったんでしょうか?(^^;
きっと自分以外にも出ている人がいるはず…もしくは自分の個体がたまたま?

謎は深まるばかりです。

おわり

コメントを残す