【PEUGEOT205GTI】オイル交換とエンブレム反転

週末のドライブよりもむしろお買い物の足として、絶賛活躍中の我がプジョー号。トーションバーを調整したことによって、車体のバランスもよくなり、より安心して乗れるようになってきました。

交換してから1年経とうとしているので、オイル交換をしました。

今回は5W-40を投入します。
プジョーはオイルをどんどん食っていくので、抜くときはその量の少なさに驚いたりします。。前回よりも固いオイルだから幾分かマシになるかとは思いますが…。

5

エンジンをかけて5分程。
寒さにはめっぽう強い欧州車にとって、苦手な夏の季節の到来です。さらに車体も黒なので熱をガンガン吸収してしまいます…(;´∀`)

6

購入当時から着けられていたオイルキャップ。4ℓ、丸々一缶を投入します。当たり前ですが、バイクと違って一回の交換にお金がかかりますね。カブだったらこの缶で4回はいける…(^^;
4ℓ入れた時点でレベルゲージで確認。まだ真ん中にいってなかったので、少し追加して交換終了です。

7

古いオイルはご覧の通り真っ黒。
オイル量の減りが気になりますが、駐車場の下にはオイルが漏れた形跡もなし。前回よりも固いので、これで様子見をします。

8

続いてはタイトルに書かれていたもう一つのネタ。
車両後方に貼られているこのGTI特有のエンブレム。

オシャレな自体でGTIと書かれているんだなぁ~と思っていたのですが、イマイチGTIと読めない。。
いや、読もうと思えば全然読めるんですけどね、何だかしっくりこない…。

1

主治医に相談してみたら、こりゃ逆だ!
ということうを教えてもらい、早速反転作業。笑
車体パネルに取り付けるためのプラスチックの爪は折れて使いものにならないので、前オーナーも両面テープで固定していました。ついでに貯まっている砂埃も掃除します。

2

ひっくり返すと、やっぱりこっちの方がしっくりする!

3

エンブレムの裏側に両面テープを貼り付けて、車体に戻します。

4

これでスッキリ!笑
購入してから約1年間、エンブレムが逆さの状態で走っていたとは…(;´∀`)

まぁデザイン的にこれでGTIだよ と言われれば、信じてしまいそうな感じなので仕方ない…かな?笑

エンブレムも折れずに無事反転できたのが何より。
いつプラスチック部品がパキっと逝ってしまってもおかしくない状況ですからね…(^^;

オイル交換走行距離:88,372km
オイル投入量:4.2ℓ

おわり

コメントを残す