【PEUGEOT205GTI】ワイパー替えゴム交換

季節ももうじき冬となり、快適な整備日和が続く今日この頃。
最近プジョー205のレストアが割と多めですが、今日は消耗品の交換です。納車時から雨を拭き取った後の線が気になって気になって…。。

拭きムラはおそらくワイパーのゴム交換すれば済む話なので早速お店へ。

店頭に行ってまずはカタログでサイズを確認する。
輸入車…プジョー…205…

とりあえずカタログを眺めましたが、まぁ205の替えゴムなんて掲載されていないのは承知済み(^^;
なので事前に自宅で計測した寸法と、取り外したゴムを比較しながら購入していきます。

取り外したゴムは以下の寸法でした。
幅:6.0mm
長さ:450mm

店頭でゴムを片手に合うサイズを探して購入。きっと他の人から見たら変に写っていたでしょう(^^ゞ笑

ゴムも色々種類があるのですが、その中でも一番お手頃だった、Yellow hatオリジナルブランドのゴムにしました。

■Y’sman ワイパー替えゴム 450mm RA45

撥水コーティング対応、純正品質グラファイト加工でふき取りもスムーズという替えゴムです。ちなみに調べてみると業界大手の日本ワイパーブレード社製で、OEM品とのことです。

1

ちゃちゃっと替えていきます。

2

ふとブレードを見たら、PEUGEOTの印字はいつの間にか消えていました。。前回交換してからそんなに時間経ってないのに…残念( ノД`)

3

取り外して新旧の比較。替えゴムの変色や溝などがあり、これじゃきれいに拭き取れないだろうっていう仕様でした。消耗品なので早めに交換しないといけませんね。

4

交換する際に鉄のブレードが飛び出さないようにしないと…と気を付けていたのですが、やっぱり飛び出す。笑

5

ススーっと入れて、交換しておしまい。慣れないと結構時間がかかります。。

6

交換後に雨天時で試してみましたが、ズバっと水を拭き取ってくれました。しかしまだ少しだけ残っている。
よーく見ると、ブレード本体のスプリングが結構ヘタリ始めているようでゴムだけの問題でもなさそう。走行中は風圧がブレードにかかって押し込んでくれるのですが、信号待ちなどの停車時に作動させると、風圧がかからず少し拭き取れない時がありました。

となると、今度はブレード本体ごと交換ですかね(^^;

おわり

コメントを残す