【PEUGEOT205GTI】ヘッドライト交換

今日はポッキーの日で、まぁ特に何も無いんですが、ふと思ったことを。プジョー205という最高の相棒がいながらも、ドライブやらお出かけした記事が全くないことに気付く。

記事としては結構数があるんですが、ほとんどが修理か整備のどっちか(;´∀`)
とりあえず普通に走って・曲がって・止まるので出掛ける事も全く問題ないのですが、やっぱりまだレストアのが比率が高いようです。実際にはお買い物がメインだったりするというのも一因なんですけどね。

そもそも夏場にかけてはバイクシーズンなので単純に出番が少ないだけなのかも…(^^ゞ

と言うことで、来る冬に向けての整備を続けていきます。暑さに強くない欧州車の本領発揮は冬ですからね、無理矢理自分を納得…っと。

今回のメニューはヘッドライトの交換です。

元々特に不具合は無く、特に問題もなかったのですが、どうも水滴がヘッドライトの中に貯まってきます。
色々と原因があるかと思いますが、一番に考えられるのは定番の穴が開いていること。

とにかくふと見るとヘッドライト水が溜まってすごいことになっていることがありました。
そこで交換に至ります。

1

原因を特定するのも大切ですが、今回は部品取り車のヘッドライトに丸ごと交換です。部品が無ければ穴埋めなり補修するんでしょうけど、部品があるので簡単に済ませます(^^ゞ

まずはヘッドライトを固定しているボルトを外していきます。片目だけ外した感じは、ちょっと怖い…(^^;)

5

ネジで固定されているだけなのですぐに取り外せました。経年劣化の波は内装だけではなく、外装まで及んでいました。ライト周りの樹脂部品が割れていたりで結構大変でした…。

4

交換する新旧のヘッドライトの比較です。
左が今まで着けていたライトで、右が新型です。レンズのくすみ具合は新型が少なく、状態も良さそう。よーく見ると細かなところが変更されているので、おそらくマイナーチェンジで仕様が変更されたのだと思われます。

2

レンズはガラスを採用していました。最近はヘッドライトにプラスチックを採用しているクルマが多いのですが、やっぱりそこは時代の流れ?というか、材料費にお金をかけていた時代なんだなぁって思います。
コンコンって叩くとガラスの重厚感が漂います。

P3080717_201511071810338a4.jpg

対して交換する新型ライト。
旧型と同じくレンズはガラスを採用。写真じゃ良く分からないかもしれませんが、くすみが少なくレンズがきれいです。

6

ウインカーレンズ。
この年式だとレンズに色が入っていませんでした。私の205のウインカーレンズはオレンジ色に着色されています。ここも仕様変更があったのかと思われます。

出したものの、特に問題なかったのでそのまま交換しませんでした。

7

そして取り付け。交換作業は親父にお願いして、横で見ていただけでした。
やっぱり光軸とか運転に関わる大事な部分なので、素人の私がやるより全然良いですからね(^^;)

見た目はあまり分かりませんが、くすみがなくなっておめめがパッチリ状態になりました。笑

1

バルブも残っていたので、そのまま使えそうです。改めて写真を見ると何が変わったのか全く分かりませんね(^^;)
まぁそんなもんでしょう。

ライトが濡れてるって?
それは前日雨が降っていたからです。笑

2

そしてついでにバンパーの補修。
205に乗りたてで、壁にカリっと擦ってしまった傷。樹脂バンパーで良かった。。

バンパーが黒いので白い傷は結構目立ちます。遠目からでも分かるこの白さ。結構放置していましたが、やっぱりちゃんと直さないと…と、重い腰を上げて応急処置です。笑

8

ペーパーで軽く削って下地を慣らし、タッチアップペンで簡単に白い部分を隠しました。
近くで見る分にはかなり粗が目立ちますが、遠目で見れば分からないです。とりあえず白い傷が目立っていたのでこれでOK。そのうちきれいに塗装し直す予定。

9

段々と交換するべき部品も終わりつつあり、ようやくレストアにも終わりが近付いてきました。
まぁ正直動かないわけでもなく、普通に走れるのでレストアに該当しないかもしれませんが、まだまだ気になるところがあるので少しずつ手を加えていこうかと。

それと、年内に一度くらいは遠出したいもんです。
来月にはスタッドレスタイヤの投入?いや、今年は暖冬だから不要?

迷います(^^ゞ

おわり

コメントを残す