【SRX250】激安バッテリー死亡?

しばらく実家で入院して、無事に戻ってきたSRX250。特にこれといって整備はしていないのですが、調子も悪くなさそうだったので乗って帰って来ました。
その1週間後、エンジンを掛けようと…セルを押すも無反応。

うーん、回る気配すらしない。
試しにホーンやらを鳴らしてみようにも、鳴らず。ウィンカーがかろうじて点滅するレベル。
これは…バッテリー上がりみたいです。。

バッテリーを充電してみますか と言うことでシートを外して、

1

激安バッテリーとご対面。
2015年8月から使い始めているので、この時点で2年4ヶ月使っています。元は十分に取れましたが、できるならこの冬は乗り越えたいのですが…

2

外して電圧チェックしてみたら、数値は10.5V。
これは死亡説かな…と頭に過ぎるも、復帰するかもと少しの期待を込めて充電します。

3

繋げて2時間程でメーターは満充電の位置まで来ました。とりあえず説明書には5時間と書いてあるので、様子を見ながらもう少し充電してみます。

4

激安バッテリーはその名の通り安くて、年数によっては元が取れるのですが…こうやって急に死んだりすることもあるのでそこが怖かったり(^^ゞ
まぁそのスリルを承知で買っているので良いんですけどね。笑
2015年の北東北ツーリングに行った時みたく、旅の帰路で上がるといったことが無ければ良いのですが…。

あの時は保険の救助隊の方にジャンプしてもらって、一度も電源を切らないで帰るという無茶なことをしていました。
オマケに天候は大雨。グショグショになりつつ回転数を落とさないように必死に帰ってきました。こうやって書いていると笑えますが、当時は必死でした。笑

おわり

コメントを残す