【SRX250】オイル漏れ修理

いよいよ、SRXを本腰を入れて立ち向かう日が来ました。

サイドカバー、タンク、キャブレターの順番で外していきます。
が、タンクを外している最中にホースが折れました。初っ端から嫌な予感です。
原因はこの手のバイクにある、長年の劣化によるものでしょう。留め具からバックリと折れてます。

SRX250 1


続いて燃料コックへ。

SRX250 2


この燃料コックは負圧式を採用しているため、普通、オフにしていれば燃料は流れないはずなのですが、オフにしても普通に流れてきます。
なので常にキャブレターまでダダ漏れ状態。

おそらくコック内のゴム類が劣化しているものと思われます。

SRX250 3


そして、キャブレターへ。

SRX250 4


エンジンヘッドからもオイルがにじみ出てきているので、ここにも対策を施します。

SRX250 7


ガスケットは注文していなかったため、概存のものを再利用です。
(本当はよくないのですが…)


カパッ

SRX250 8
SRX250 9


リアカウルのステッカーにも記載されている TWIN CAM 4 BALVES がお目見え。
外したエンジンヘッド。

SRX250 11
SRX250 12


続いてガスケットです。
ガスケットは再利用するため、こびりついた液体ガスケットを落とします。

SRX250 10


エンジン本体側のガスケットもきれいに落としていきます。スクレパーで地味にコツコツと。

SRX250 13


そして、今度はこのヘッドを止めているボルト部にも新たなガスケットを作製します。
ゴム類を新調するのが一番なんですが、見た感じと触った感じではまだ弾力もあると判断したため、ガスケットを追加して様子見をすることにしました。

これでも変わらず漏れてきた場合、ここが原因と判定することもできますしね。

汎用ガスケットを丸く切ります。

SRX250 14

真ん中をポンチで抜き取り、装着。

SRX250 15


エンジンヘッドにも同様に液体ガスケットを挟んで組み付けました。

作業途中であったので、ウエスをたくさんかけてこの日は終了。

SRX250 16

明日は、その続きになります。

ちなみに、キャブレターのホース類を交換してコックの取り付けまでは済んでいるので
あとはタンクの取り付けのみになります。

・登場商品一覧


つづく

コメントを残す