【SRX250】燃料コック修理

本格的な寒さ…っていう感じが最近しませんね。
何日か前に7℃になって、本格的に寒くなるな~って思っていたら、また暖かくなるとのこと。

まぁ個人的には寒いのは苦手なので、このまま暖冬が嬉しいですけどね。
寒くなると整備するのに外に出るのですら、億劫になりますしね…


以前から問題となっていた、キャブレターのオーバーフローの件を解決すべく、燃料コックを修理しました。
SRX250の負圧コックが通常通り機能していないので、燃料がダダ漏れになってキャブレターへ。そしてオーバーフローを引き起こしていました。

そのため、燃料コックの修理に着手します。

まず修理するのにあたって、購入したのは…

・燃料コック 負圧バルブ修理キット

コック修理キット

コック修理キットになります。
オークションにて購入しました。

内容は下記の3種類が同梱されています。

  • 負圧バルブOリング
  • バルブガスケット
  • 切替ノブ低フリクションOリング

Oリングにはフッ素加工が施してあり、純正品より耐久性があります。
ガスケットはSRX250用ではありませんが、ヤマハ純正品になります。扱いとしては、他車種流用品になります。

上記の3点セットで1,800円になりますが、燃料漏れが直るのであればと思い購入してみました。
オマケでワコーズのシリコングリスも同封されていました。販売者からも非常に細かなアドバイスをいただくことができました。

早速組み付けます。
現在SRXには部品取りのコックが付いていますが、そのコックではなく、もう一つの購入時のコックを修理します。
理由としては両方を比較した際に状態が良かったので。

燃料コック 1


汚れてはいますが、比較的きれいです。

燃料コック 2


この燃料コックを分解していきます。分解してみましたが、特に劣化は見られなかったです。

燃料コック 3


部品別に見ていきます。燃料コック本体。
それぞれの穴が、PRI、ON、RESにつながります。

燃料コック 5


切替ノブです。
ノブにつくOリングがへたっています。ゴムではない、何か他の物質になっていました。

燃料コック 6


組み立てはダイヤフラム側のOリングから。
ダイヤフラムは単品では売っていないので、他車流用しかありません。しかし、これは他車種の流用が可能らしいです。

ですが、今回はとりあえずダイヤフラムはそのままに、Oリングの交換のみを行います。

燃料コック 4


ダイヤフラム取り付け部に、新品のOリングに交換します。
左が従来のもので、右が新品のフッ素加工されているOリングになります。若干ですが肉厚があるのが分かります。

燃料コック 8


ダイヤフラム(ガソリンと接触しない側)には、付属のグリスを薄く塗布してあります。
これにはダイヤフラムの劣化(硬化)を抑えることができるそうです。親切にもワコーズ製のグリスが添付されていました。
本当にありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げます。さてさて、Beforeとあまり変わりませんが、交換し終えた状態です。

燃料コック 9


続いては切替ノブになります。
この切替ノブにも新品のOリングを付けます。これにも加工がしてあり、通常のノブより軽く回せるようになっているそうです。

燃料コック 12


従来のものと比べると、溝がありますね。
組み付け時にねじれないようにグリスを使いつつ、入れます。グリスは多めに…だそうですが、若干少なかったかな?と書いているときに思っていました。

燃料コック 13


組み付けて、最後はガスケットです。SRX250用ではなく、ヤマハの純正、車種流用になります。
穴の空き方が一目瞭然ですね。

燃料コック 10


しかし取り付ける分には問題がないとのことです。
『バルブガスケットの長穴が、コック本体の縦左列に来る様に組んで下さい。』とのことなので、その点を踏まえて取り付けます。

燃料コック 11


そして…完成しました。
外観はピカールで磨いて仕上げています。

燃料コック 14


タンクに取り付けます。
…が、このチューブとの組み付けがなかなか苦戦しました。燃料コックから簡単にチューブが取れないように、抜ける方向に引っかかるように山が刻んであるからです。外すのはかなり苦戦しました。

燃料コック 15


裏側が汚い。時間があったらきれいにしようと思います。



完成!

燃料コック 16


組み付けたところで、燃料コックのテストです。PRIの位置にしてみると、燃料が落ちてきます。
これは通常通り。

問題はここから。
まずはONの位置へノブを切り替えます。負圧コックなので、この位置では普通燃料は落ちてきませんが、今までは落ちてきていました。

今回は…落ちません!しっかりと止まっていることを確認しました。

次は同様にRES(リザーブ)の位置へ。こちらも同様に燃料が落ちてこないことを確認しました。
しっかりと止まっているようです。

結果、修理は成功となります。
無事に負圧コックが働いてくれているようです。これで燃料が漏れてくることはないはずなので、オーバーフローも止まるはず…

エンジンをかけてみても問題なく始動することを確認。

あとは時間が経ってから燃料が漏れてこないか確認していきます。このまま無事に直ることを願うのみです。

おわり

6件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんわ!

    そこまで分解して戻せるのがすごいですね(^▽^)

    僕がバイクを分解したら戻したときたぶん人型とかにトランスフォームしてると思います(爆)

    キャブレター直ってるといいですね(*^^*)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お世話になっております。

    コック修理キット(笑) を、ご購入頂き、ありがとうございました。

    バルブガスケットが、純正品ではない、と記述がありましたが...
    他車種用ですが、間違いなく「ヤマハ純正品」です。

    ので、安心してご使用頂けます。

    同じ趣味の方々に、喜んで頂ける様、
    出品は、今後とも続けていく予定ですので、
    トラブル等、ありましたらご連絡ください。

    どうぞ楽しいバイクライフを。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントの書き込み、ありがとうございます。
    コック修理キット、ありがとうございました。

    すみません、いくつか失礼な書き込みをしてしまいました。
    この場を借りて謝罪申し上げます。

    これから先も末永く乗っていきたいと思っております。
    この度はありがとうございました。

    また機会がありましたら、宜しくお願い申し上げます。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    北塚ユウさんへ

    ありがとうございます^^
    ただ分解して戻しただけなんですが、こうやってカメラに記録を残すと自分みたいな素人でも簡単にできますよ。

    自分も最初はトランスフォームしかけましたしw
    あとは無事直っていることを祈るだけです><

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    SomeDay 様

    失礼な書き込み、とは思っておりませんのでご安心下さい。

    ブログを見た他の方が、誤解されるといけないので、書き込みさせて頂きました。

    日本語は難しいですね...

    また宜しくお願いします。 m(__)m

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こちらこそすみません。
    なるべく確かな情報を発信しないとですね…

    先程はメッセージありがとうございました!
    これからも宜しくお願い致します!

コメントを残す