【SRX250】スターターモーター不調

我がSRXに異常事態発生です。

まずは、整備しようとしてエンジンをかけようとしたんですよ。
何てたってキャブレターを調整するのだから、アイドリングを知らなきゃならないので。

で、スイッチを押しました。

ポチっとな。

シーン・・・

あれ?
おかしいな。

もう一度・・・

点きませんorz

配線のトラブル?
バッテリー上がり?

色々考えられますが、とりあえず電圧を計測しました。

12V、規定値ありました。

電気がスターターモーターに届いてない?

いや、届いてました。

じゃぁ、スターターモーター?

一旦外しました。
分解してびっくりです。

真っ黒w

オマケにブラシが取れてるw

モーター 1

モーターというのは、ブラシと整流子が接触し、回転することによって機能します。
その接触するブラシがこんな状態でした。

もちろんこの状態じゃエンジンがかかるわけもなく・・・

モーター 2

ひとまずはんだでくっつけました。

しかしこげた匂いと言うか、なんというか。

あまり変な匂いだったんで気持ち悪くなりました(;´Д`) うぅっ。。

モーター 3

パーツクリーナーで汚れを落とし、コイル部分をペーパーでもう一度磨きました。
でも暗くて見にくいですよね(笑)

モーター 4

そして組立てです。

完成したので、エンジンをかけると。

キュルル・・・ブオォーン

簡単にかかりましたヾ(*´∀`*)ノ

これで始動の問題はなくなりました!

残ったキャブレターですが、ネットで調べた規定値にスクリュー類を調整したらまぁまぁ調子がよくなりました。

この日は夜も遅く、エンジンをかけると近所迷惑になるのでここまで。


次の日、明日がツーリングであったので最終調整をしました。

・・・が。
またエンジンがかからないorz

今度はバッテリーが弱かったらしく、再充電。

バッテリー 1

この台湾製バッテリー、大丈夫なのかな…?

バッテリー 2

待機時間にホイールのサビらしきものを落とす作業をしました。

やすりとピカールの合わせ技で挑戦です。

終了後です。
パッと見はきれいになりました(笑)

サビ 1

よく見るとマフラーのこの部分に激しいサビが…orz

金属ブラシで磨きました。
写真は撮ってませんが、結構落とせました!

サビ 2

最後に全体を撮りました。

細部まで撮ったことがなかったので、撮ってみました。

SRX250 1

後ろから。
このタイヤ、果たしてビビりの自分が端っこまで使える日がくるのであろうか…

SRX250 2

メーター周り。
80年代を彷彿させるメーターです。
燃料メーターが重宝しています^^

SRX250 3

エンジン部。
単気筒なのでかなりシンプル。
変わっているのはキャブレターくらいでしょうかね?

SRX250 4

夜。
バッテリーをセットして、再起動。

かからないorz

押しがけなら一発なんですけどね。
機関は問題ないのですが、スターターモーターが死んでいます。

なんで、シンプルで軽いキック式がいいという結論に至ったわけです。(笑)
父のDTで何度かケッチンを食らったことがありますが、まぁそれも愛嬌って事でw

SRはキック式なんで、もしかしたら流用できるかもしれません。
現にSRX400は、たしかキック式だったので。

でも明日のツーリングは押しがけスタートで挑むことになりました(笑)

レーサースタイルっすねw

おわり

コメントを残す