令和に変わって

2019年に年号が変わってから7ヶ月が経とうとしていますが、今回はそのタイミングにまつわるお話です。

少し前の話になりますが、今まで使っていた財布を平成から令和に変わる改元のタイミングで変えることにしました。
この財布は親から誕生日にもらったもので、かれこれ大学生の頃から使い続けてきたものです。

二つ折りタイプでポケットにもピッタリサイズです。

1

大き過ぎず小さ過ぎずなサイズ感で、落ち着いた色と本革がお気に入りでした。
経年劣化によって小銭入れポケットのボタンが弱ってきたことと、、改元というタイミングもあり、色々考えた結果、財布をバトンタッチすることにしました。

2

さて、次にお世話になる財布の紹介です。
今度は生まれて初めて、長財布を使います。

3

今まで所有してきた財布は二つ折りタイプばかりだったので、初の長財布です。ズボンのポケットに入るか心配でしたが、案外そんなことなく普通に入りました(大体半分くらいは収納されている感じです)。

財布自体が大きいので、開いた状態でカードを一目で認識できるのがイイです。

4

認識しやすいということは、財布がでかいということなので…深さが浅いズボンのポケットだと簡単に落ちてしまいそうなので、注意が必要ですね。

でもお札もきれいに入るし、何より長財布にするとお金も貯まると聞きましたので…そちらを期待したいところでもあります。笑

最後に財布を並べて撮ってみました。こうやって見ると長財布がどれだけ大きいか分かります。

5

長年活躍してくれたお財布に感謝です。
今までありがとう!

改元のタイミングでの出来事でした。

おわり

コメントを残す