椿ラインツーリング

段々と蒸し暑さも増して、じっとしているだけで汗が吹き出てくる季節となりました。
バイクに乗るには最高の夏がやってきている訳ですが、やはり暑いんです。。笑

ということで、少し涼みに箱根までふらっと行ってきました。やっぱり山の上は涼しいですからね。西湘バイパスを経由して、いつもなら箱根新道へ流れるところを…今回は国道135号線にハンドルを切りました。

久々に海沿いも走ってみたいなーという発想です。相模湾を左手に眺めながらいいペースで湯河原まで到着。走るのは午前中だけと決めていたのもあり、湯河原からバイク乗りのメッカである椿ラインへ。
天気が良い事もあって、正装した方々も多くいました。軽く流す程度で考えていたので、後ろに付かれたらすぐに譲ろうと思っていましたが、幸いなことに一度もつかれることなくしとどの巌(いわや)まで到着。

1

ある程度登ってきたので、下界で感じる湿気感と暑さも大分和らいできます。
久々の椿ラインでしたが、気持ちよく走れました。そういえばタイヤを交換してからは初かも。

2

吹け上がりも上々で、キャブレターをO/Hしてから不調知らず。こうやって好調なことばかりだと、何か寂しく感じてしまいますが、トラブルを経験している最中はそんなこと微塵も思わないですからね。笑

3

小休憩を挟んだところで、出発。大観山目指して走らせます。
椿ラインは全体的にうっそうとした森の中を走る峠道ですが、後半は展望が良くなります。

4

久々に停まってみました。停車している間もたくさんのライダーが椿ラインを走っていました。

5

ゆっくりとガードレール越しに眼下に広がる景色を眺める。
もう緑が生い茂ってます。こんな景色を見ていると、いよいよ夏って感じです。

6

程なくして大観山に到着。残念ながらこの日も富士山は見えなかったです。雲が多いなぁ。

7

分厚い雲に覆われていた富士山でしたが、箱根周辺の天気は良好でした。日は出ても、標高が高いせいか涼しい。

写真を撮っている場所がターンパイクの入り口ですが、この道を流しているクルマ・バイクも結構な数がいました。ここにいると色々な乗り物がやって来るから、本当に面白いです。笑
旧車と高級スポーツカーはほぼ100%の確率で会えます。この日はフェラーリがいたな。

8

下る前にターンパイクを一望できる場所へ移動しました。ここもいつもは埋まっているのですが、時間帯がお昼ちょい前ということでガラガラでした。
ニンジャとラストランした時に撮影した場所も、ここでした。

9

十分に涼んだところで下山。たまにはターンパイクを…と思いましたが、個人的には登りが好きなので箱根新道を使いました。
西湘バイパスに入ってから熱風がすごい…下界暑いよ(-_-;)

今年は猛暑が長いらしい。。

10

ちょっと箱根まで涼みに行った話でした。久々に椿ラインを流しましたが、いつもより上手く流せたような気がします。多分タイヤのせいでしょうけど。笑

帰宅後に整備をしたので、それはまた次回に。

走行距離:107km
平均燃費:24.7km/ℓ

おわり

コメントを残す