2017年 京都発 青春18きっぷの旅 1日目

春が段々と近付いてきた今日この頃。
その春の訪れと共に、今年も青春18きっぷの季節がやって来ました。実は私、電車と駅舎が好きなんですが、青春18きっぷを使って旅をしたことがありません。

今回相方の法事で香川に帰るので、その行きに青春18きっぷを使った旅を盛り込んでみたのでした。

■3月2日(木) 神奈川~京都

木曜日の午後半休を取得し、金曜を丸1日旅に当てます。

初日は午後からなので、移動日です。
ここから鈍行で京都を目指す…となると、さすがにしんどい。新幹線を使って一気にワープします。

小田原駅から名古屋までひかりに乗ります。最寄りの新幹線の駅が小田原なので、良い時間にひかりがあって良かったです。

駅ホームから小田原城を遠目に眺めながら、自由席がある前へ向かいます。

1

久々の新幹線。周りはスーツを着ている方が多め。これから大阪方面に帰るといった感じでしょうかね。

私は一人ホームで写真撮っていたので、多分大学生と思われてたかも死れまんね(・・;)笑

2

駅のコンビニで購入したポケットサイズの時刻表を眺めて、次の日のプランを考えます。

と言ってもこの時刻表は3/4のダイヤ改正以降のもので、明日の計画立てにはまんま使えないのですが…笑

その辺りは文明の利器であるスマホを使って照らし合わせながら使っていきます。

その時刻表と言えば、冒頭にある路線図を眺めるのが好きなんです。北海道のページを見て、またツーリングで無人駅訪ねたいなぁ、なんて思ってかつて訪ねた駅を探していました。

3

が、その地図には長万部方面に続く路線の1つ、函館本線の“蕨岱(わらびたい)駅”の姿がない…?

おかしいなと隅々まで見渡しても見当たらず。
急いでググると…なんと3/4(当時は3/2)のダイヤ改正で廃止になってしまうとのことでした。

ちょくちょくJR北海道の路線が廃線になるということは聞いていましたが、まさかこの駅までも…。

しかも自分が訪ねたことがある駅だから尚更ショックでした…。

蕨岱駅を訪問したのは2013年。2回目となる北海道は、道東を中心に走りました。

道中でのトラブルと言えば、スマホが壊れ、クラッチワイヤーが切れた旅でもありました。
昔の写真を引っ張り出して見ました。

・蕨岱(わらびたい)駅

北海道と言えば、この車両をドンっと置いた駅舎がたまりません。
この駅専用にカラーリング?された車両なんでしょうかね。

3-1

中はきれいに板張りされていて、列車を待つのには不自由しなさそう。訪れたのは夏だったので、熱がこもってめちゃくちゃ暑かったですが…(・・;)笑

3-2

見える範囲に家はポツポツ…あったような。
国道のすぐ横を通ってるので、秘境駅ではないですが利用者の数から言えば値するかも。

3-3

いつまでも残して欲しいと思いますが、管理する側としては維持費がかかる上に利用者が少ないとなれば、廃止という選択になってしまうのでしょう。

とても残念…。

3-4

思い出に浸りつつ、新幹線は定刻通りに豊橋駅を通過。
陽も大分長くなってきました。

4

ルートを考えているうちに名古屋に到着。ここからはのぞみに乗り換えて京都を目指します。

5

名古屋駅前は多くのビル。そう言えば名古屋には降りたことないかもしれません。

6

名古屋からひたすらルートを考えるも、気が付けば京都まで後少しとなり、あっという間に到着しちゃいました。

7

京都では友だちとご飯を食べる約束をしていたので、地下鉄→阪急線と乗り換えて四条まで向かいます。

8

その後、夕方のラッシュに揉まれながら無事に合流し、久々の再会に話を膨らませ、周りのお客さんがいなくなった22時ちょい前に解散。

大学4年の卒業旅行で出会い、かれこれもう5年の仲。
住んでるところは離れていますが、こうやって全国のどこかに知り合いがいるのは良いもんだとしみじみ思いました。

ホテルに戻ってからはひたすら時刻表とにらめっこ開始。
当初は古い木造駅舎を訪ねる旅…として因美線で岡山を目指そうと思っていましたが、鳥取から接続が悪いのなんのって(;´Д⊂)笑

明日の夜には四国を渡り、香川県の丸亀駅を目指さないといけません。
乗り遅れて瀬戸大橋を渡れませんでした、は許されないので却下/(^o^)\

結局あーでもない、こーでもないと夜な夜なスマホと時刻表をにらめっこした結果、城崎温泉で昨年の事故の温泉療養をすることにしました。

その後は播但線で下って、山陽本線で岡山を目指すルートに決定。
初めての青春18きっぷの旅にワクワク。

9

床についたのは深夜1時過ぎ。明日は始発から2番目の電車に乗れるか…まずはそこからです(・・;)笑

つづく

1日目/2日目

コメントを残す