ヘルメットを脱いだ後の髪型を考える

タイトルにもある通り、バイク乗りの一つの悩みと言えば髪型が挙げられるかと思います。
ヘルメットを被った後ってどう頑張っても潰れてしまうんですよね、ワックスをやろうが一度潰れてしまうと再生は厳しい…。私の場合は乗車時間は20分程ですが、それでもペタッとなってしまうのが悩みの種でした。

まだ一応20代なので、一応髪型も気にしちゃうんです(^^;笑

ツーリング中だったらキャップを被るとかで誤魔化せるのですが、会社内だとそうもいかないので。笑
何とかならないかなーと調べていたら、とあるアイテムを発見。今回はそれをこの通勤ヘルメットに装着してみました。

・TWO WHEEL COOL airhead(トゥーホイールクール エアーヘッド)

巷じゃ結構噂の商品らしいです。そんでもって評判も人によってバラバラ。
人によっては良い!だし、悪い!もいました。まぁモノは試しだと購入してみました。

4

柄も色々あります。単色からグラフィックまで色々。
カブはなんちゃってUSDM仕様なので、アメリカの星条旗仕様にしました。笑

で、コイツがどんなアイテムかと言うと、ヘルメットの内側に着けて使います。写真下には無数の“突起”が見えますが、これが髪を直接潰さないよう、空間を作ってくれます。
今まではヘルメットの内側で“面”によって押されて髪型が潰れてしまっていましたが、これを装着することによって“点”で押されるようになります。


つまり、髪の毛を押す面積が少なくなり、潰れ具合が少なくなるという素晴らしいアイテムです。素材はシリコンで作られていて、丸ごと洗うことができます。

5


早速装着してみます。
ヘルメットの内側に…

6


入れるだけです。
裏面滑りにくい素材になっているので、粘着テープ等は不要です。入れるだけです。

7


完成です。

グラフィックも色々なものがあるので、ちょっとしたオシャレにもなります(普段は見えませんが)。

8


早速使ってみての感想を…。

前触れ通り、髪の毛は点で押されることになるので、潰れ具合は格段に減りました。もちろん全く潰れなくなることはないのですが、ヘルメットを脱いだ後に髪をバサバサとすればイイ感じに戻ってくれます。
これによって、脱いだ後に髪の毛がペタッとした感じはなくなりました。このペタッという感じがなくなるだけで、かなり快適です。

特に雨の日だと湿気も悪さをして本当に潰れてしまうんですが、それがなくなりました。


メリットを並べましたが、デメリットもありました。

材質に使われているシリコンゴムですが、やはり突起部分が長時間当たると少々痛いです。試しにツーリングでも使ってみました(写真のようにAraiフルフェイスに入れた状態で)。
大体1時間くらいしてくると、後方部に少し痛みがありました。

面ではなく点で押されているのでそれは当たり前なんですが…。
人によっては切ったりしているそうですが、とりあえずは様子見をしてみようと思います。まぁ1時間走ったら休憩しましょう っていう合図とするようにしているので、逆に良かったかも。

デメリットもありましたが、それを越すくらいのメリットを感じたアイテムでした。
特にペタッとなるのが嫌な方は一度はお試ししてみても良いかもしれません。

・購入品一覧

おわり

コメントを残す