コロナワクチンを打った後の副反応について

世間で猛威を振るうコロナウイルス。
その対策としてコロナワクチンが開発され、私もありがたいことに2回接種が完了しました。
2回接種して思ったことをいくつか。


職域接種だでの指定ワクチンは、モデルナ製。
調べてみるとこのモデルナ製のワクチンは副反応が強いことでも有名らしいです。
その副反応にかかったのが私ということです。笑


久々に38度後半まで熱が上がったので、寝ていてもしんどい状況が続きました。

接種1回目

午前10時に接種し、段々と腕が痛くなってくる。
職域接種ということもあり、そのまま午後仕事をしていたのですが、段々と腕の痛みは時間を追うごとに増していきました。
夕方帰宅する時には腕が上がらないくらい痛みが出る。帰りのカブの運転が辛かった…泣


この時は発熱無し。
そのまま腕が上がらない状態に苦戦しつつも、就寝。寝返りの際に左腕を下にして痛くて起床することが1回。笑


翌日は普通に腕が痛い状態だけでしたが、お昼過ぎから倦怠感が発生…汗
そして体も重くなってきたので、熱を測ると37.5度の表示。微熱。
とにかく体を横にして休めるも段々と体温が上昇し、ピーク時には38.5度!

こりゃアカン!ってことで、解熱剤を投入し、その日の夜には平熱に戻ります。

接種2回目

問題は2回目でした。

腕の痛み対策として、今回は大量の水を摂取。水を大量に取ると腕の痛みが抑えられるらしいという情報を入手したので、それを実行してみることに。
接種までの2時間で1.5Lの水を飲み干しました。その影響もあり、職場で無茶苦茶トイレに行きました。笑


しかし水の大量摂取の影響か、腕の痛みは軽傷で済ませることができました。痛いな?程度です。
1日でほとんどの痛みが治まり、前回の痛みの長さが嘘のようでした。


ですが、本当の苦しみはここからで。
接種日は午後から在宅勤務に切り替えたのですが、夜に微熱が発生(37.5度)。

続いて朝起きると38度…キツイ。そこから強い解熱剤を服用し、加えて冷えピタと氷枕の万全の体制で横になりました。


ただ横になるだけだから、AmazonPrime先生で映画でも見まくるぜ!と思っていましたが、無理でした。笑
普通に寝ていてもだるいので、スマホ見ることすらできませんでした。安静にするのが一番ですね。。



そして一旦は収まるも、再び夕方から発熱。
三度目の解熱剤の投入で、熱は沈下しました。そして次の日は微熱が続いて…といった感じで、結局2日間をお休みした結果となりました。

せめてもの救いで腕の痛みが軽傷で済んだことでしょうか(^^;
体に初めてのワクチンを入れるのだから、ある程度の副反応が出ることは仕方ないと思います。…ですが、久々の高熱は結構つらいもんがありますね。

まとめ

  • 水を大量に摂取する
  • 倒れても補給できるゼリー系の食べ物を確保しておく
  • 冷えピタと氷枕の準備

まとまりがない記事ですが、要は副反応が辛かったですという報告でした。笑

何やら3回目を接種するという話も浮かび上がっていますが、個人的には勘弁してほしい…というのが本音です。はい。


おわり