【SRX250】ヘッドライトLED化

能登半島へツーリングに出かけた2019年、夜8時のビーナスラインで照明の悪さに絶望したので、この度バッテリーへの負荷軽減と、安心な視界を確保するためにLEDヘッドライトを導入することにしました。

以前交換した際に純正よりはかなりマシな明るさになったのですが、バッテリーへの負荷軽減も視野に入れるためLEDヘッドライトを購入してみました。

まずは外しにくいカウルの裏からハンドルを切ってアクセスしていきます。

到達です。
何度やっても交換しにくい…

到達してしまえば交換は簡単です。
手前のリングを回して取り出すだけ。

コンパクトLEDバルブ RIZING α(アルファ)

スフィアライト製のLEDライトです。
ちょうどNAPSでセールしていたので、安く購入できました。SRXはH4規格です。

重厚な作りです。
近未来のライトって感じです。

大きさを比較。
左がLEDライトですが、ハロゲンバルブと比較すると長さ方向に違いがあります。ヘッドライトのクリアランスが少ない車種だと交換は難しそうです。

その他は変わりありません。
このLEDライトは付け替えだけでOKなので、カウルの裏がぐちゃぐちゃにならずに助かります。

ただし一点気を付けなければならない箇所があります。
それは交換する際にはめ込む金具の厚みです。ここが純正バルブと比較して厚くなっています。

こちらが純正バルブ。
この厚みが異なるせいで、装着する際にリングを嵌めるのに力が必要になります。
ネイキッドバイクのようにカウルがなければその作業も対して大変にはならないのだと思いますが、カウルがあると回しにくいので大変です。

実際かなり苦労しました…汗
写真は交換後ですが、リングの取り付けに苦戦しました。

ですが、無事に装着でき、ライトの発光を確認。
ハロゲンとは違う、白い光がSRXに灯されました。

バッテリーへの負担軽減と、視野向上でLEDライトを導入してみました。
夜間での走行はまだ未体験なので、効果はまだ実感できていませんが、見た目が最新のバイク?っぽくなったことは確かです。

そして、暇を持て余して次回はウインカーのLED化へ続きます。

おわり

コメントを残す