【FIAT500C】ワイパーブレード交換(BOSH エアロツイン 600/350mm A300S)

最近水切りの後がかなり残るようになり、雨天走行でも見にくくなってきたため、ワイパーブレードを交換することにしました。
前回交換したのは2017年8月だったので、約3年半もったことになります。これなら十分でしょう。


今回もBOSH製のワイパーブレードにします。純正を購入するより安く、耐久性もあるのでリピート買いです。
そして注文してびっくりの過剰包装。段ボールがもったいないというか…もう少し良いサイズなかったのか気になります。。

・BOSH エアロツイン ワイパーブレード 600/350mm A300S

フロントのワイパーブレード2本セットです。
運転席側は長いブレード、助手席は短いブレードとなります。


両方のブレードはワンタッチで着脱可能となります。後程紹介しますが、簡単なので自分でもできます。


ゴム部分の拡大。スパッと水を切ってくれそうな感じでしょ?笑


ちなみに英語表記になりますが、交換の仕方が箱には写真付きで記載されています。写真も分かりやすいので、特に英語を読まなくても理解できます。
実際は古いブレードを外すのに苦戦した程度でした。


交換はブレードを根元からワンタッチで交換するだけです。
長い間交換していないと抜けにくいので、予めシリコンオイルや潤滑油等を吹きかけておくといいかもしれません。


新旧のワイパーブレード比較です。
写真上が今まで装着していたワイパーブレードです。BOSHの文字が薄くなっているのが分かりますが、外観はそこまで劣化は分かりません。


ゴムの断面比較。
正直見ただけでは分からないです。実際に拭き取ると筋が残るのですが、断面だけを見ても劣化は分かりませんでした。


続いて助手席側。こちらも同様。


そして交換。
本体からブレードを抜くのに少々苦戦しました。
それから気になった点としては、本体の色褪せが目立ってきたこと。これについては時期を見て黒塗装しても良いかもしれません。ここが黒くなるだけで結構全体が引き締まって見えますので。


そして装着。
新しいブレードの黒色の違いが良くわかる。笑


助手席側も交換しておしまい。
作業時間としては約5分程。予めシリコンスプレー等をアタッチメントの部分に吹きかけておけばもっと早く交換できたかもしれません。

交換完了です。
ビシッと水を切ってくれるようになって大満足です。次回の交換は大体3年半後でしょうかね。

・登場商品一覧


おわり

コメントを残す