【スーパーカブ】キャブレター変更 純正からΦ18へ

現在カブ号には純正キャブレターであるφ14が装着されています。
ボアアップによって排気量が増加しましたが、キャブレターは純正のままのため吸気が間に合っておらず、本来の力を出し切れていませんでした。

そのため今回キャブレターをΦ18へ変更し、バランスを取っていきます。
まずはBeforeから。純正のキャブレターです。

Before 5


そしてこちらが購入したΦ18のキャブレターです。
メーカーは不明の安心と信頼の中華品。さて、どうなるでしょう。笑

・メーカー不明 φ18 キャブレター

キャブレター 1


こちらはエンジン系。一緒に交換です。
カブ90純正マニホールドと合わせて組み付けます。

特に純正と大きく変わらないので、そのまま交換しておしまい。前回まではパワーフィルターを使っていましたが、今回はノーマルフィルターを使います。

キャブレター 2


果たしてパワーはどのくらい変わるのでしょうか…?

キャブレター 3


ちなみにチョークも純正品で流用できるので、本当に見た目では分かりません。
少し取り回しが大きくなったので、ワイヤーだけは以前使っていたロングのものに交換しました。

キャブレター 4

それ

乗ってみた感想は、各段にパワーアップしました。

走り出しから一定速度まで全域にあたってパワーアップを実感することが出来ました。しかもセッティングは何もせずにポン付けでパワーアップできました。

ただし、イイところばかりではありませんでした。
まず第一に吸気が間に合っていないため、どうしてもどん詰まり感があります。これは純正Φ14のキャブレターに合わせた吸気量のため、仕方がないことです。これを解消するにはパワーフィルターなりに変更して吸気量を増量する必要があります。

追記

ノーマルフィルターに穴を追加工して吸気量アップを図りました。
これにより吸気不足は解消しました。部品代0円で出来るお手軽な改造なので、パワーフィルターを導入するよりも試してみる価値はあります。

記事コチラです↓


おわり