カブ再生記 その2 【フレーム修正編】

再生記2回目は引き続きフレーム修正になります。
もはや板金作業ですね。

前回はパテを使用してリアフェンダーの裏側を修正しました。
もちろんこれで終わりではないので、引き続き行います。


ー目次ー
その1 【フレーム補修編】
★その2 【フレーム修正編】←本日の記事
その3 【パテ埋め編】
その4 【パテ研磨編】
その5 【パテ研磨編2】
その6 【車体分解編】
その7 【下地作製編】
その8 【下地作製編2】
その9 【下地塗装編3】
その10 【カラー塗装編】
その11 【クリアー塗装編】
その12 【コンパウンド研磨編】
その13 【車体組立て編】
その14 【仕上げ編】
その15 【仕上げ編2】


固まった状態では表面も出ていないため凸凹。これを研磨して滑らかにします。
本来ならば#360くらいの耐水ペーパーを選択するのですが、今回は#240で行います。というのもとりあえず表面を簡単に滑らかにして、そこからもう一度パテを塗りこむからです。

こんなトゲトゲ状態じゃあれですしね。

フレーム 2


固まったパテに#240で修正開始。
水で洗い落としながら作業をします。



しかしやりにくい。

ざっとやって終了。表に見える部分でもないので簡単に…です。
そこからパテを埋めるのですが、現時点ではパテがないので他の部分に移ります。

フレーム 1


実はリアフェンダー、凹みがあります。
この写真に写っている部分は凹みがあるので、パテを購入するついでに修正します。

なので後ほど#240で表面の塗装を剥がします。

フレーム 3


続いてタンク部。
ここはステッカーが貼ってあるので剥がします。普通にやっても剥がれないので、ヒーターガンを使って暖めながら剥がします。ドライヤーでも出来るみたいですね。

フレーム 4


ある程度暖めた後はすんなりと剥がれるので、表面を傷付けずに処理できます。

で、ステッカーの糊が残ってしまうのでスクレパーを使って剥がします。

フレーム 5


れでも剥がれない強力な糊にはこのラッカーうすめ液を使って剥がします。
ウエスに染みこませて拭けば、さっと取れます。
ついでに良い気分にもなれますよw

ニッペホームペイント 徳用 ラッカーうすめ液

フレーム 6


糊が何だか変な物体になって剥がれやすくなります。
この時塗料も少なからず一緒に溶けるので注意してください。私の場合は全塗装するので関係ないですが…。

フレーム 7


はい、これできれいに剥がれました。後は耐水ペーパーで表面を慣らしていきます。

フレーム 8


全体的なサビを#240で削った後の写真がこれです。
暗くてよく分かりにくいですが、サビが多くの場所にあったことが分かるかと思います(笑)

フレーム 9


凹みのあるリアフェンダー。
ここが今回の一番の難所です。

フレーム 10


タンクも若干の凹みがあったような…?

フレーム 11


とりあえず下地作製は終わりです。
リアフェンダー裏とフレームのパテ埋めが終わったら、再度研磨して塗装になります。

何気にカブは3回目の塗装になります。今までの経験を活かして最高の塗装にしようと思います^^

次回はパテ埋め編です。

使用した道具

・耐水ペーパー#240
・徳用 ラッカーうすめ液(ニッペホームペイント)
・ヒーターガン
・スクレパー

つづく

2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    見ているこちらまでワクワクしてくるよ。(*゚▽゚*)ワクワク

    どんな色に仕上がるのかも楽しみだけど、
    塗装の工程を見るのが愉しみなりよぉ~\(^o^)/。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    きゅーりパクパクさん

    そう言ってもらえると嬉しいです^^
    正直不安要素もたくさんありますが…自分なりに楽しくレストアできたらな~って思います♪

    塗装の工程…一番の難関ですね~
    今回はツヤを究極まで追究するのが目標なんで^^;
    気長に見ていただければと思います!

コメントを残す